駄菓子屋さん

先週モールに遊びに行ったときに駄菓子屋さんを見つけました。
駄菓子屋おもちゃを置いているのですが懐かしく思えました。
駄菓子屋だけでお店をしているのって中々見ないのですが子供の頃を思い出しました。
小さいころおばあちゃんちに遊びに行ったときに従妹と裏道を通って駄菓子屋にいっていました。
お小遣いを握りしめ従妹と考えながらお菓子を選んだものです。
今考えるとあの時からお金を計算するようになったのではないかと思うのです。
子供は楽しみながらいつのまにか算数の勉強をしていたのです。
メンコも買いいとこたちとよく遊んで勝負していました。
底のお店に行くとよく私の母が来ていたよとおばあちゃんらしき人が出てきて言っていたのを思い出します。
母が小さいころに行っていたのであの子の娘さんかい?ときいてくるのがなんだか懐かしいです。
今はもうそのお店はありませんが駄菓子屋を見ると懐かしくなるのはあの頃の記憶があるからだと思います。今でも10円や20円で買えるお菓子というのは残っていることが嬉しいと思います。
子供がお金を握りしめ計算しながら自分が好きなお菓子を選ぶという光景は残していきたいものです。
当たりはずれがあるお菓子のくじ引きも大好きでした。
みんなで行ってワイワイしたのが懐かしい思い出でした。
またモールの駄菓子屋さんは違うとは思いますが子供を連れて行ってあげて思い出の場所にしてあげたいとは思います。