大人になっても怖すぎるもの

先日、息子の一歳半の歯科検診に行って来ました。
ついでに親である私の健診もしてもらえるとかで、一年以上しっかりと診てもらえてなかった私は、最近妙に冷たいものや甘いものがしみる奥歯について相談。
自宅の鏡で見ても虫歯ではなさそうだったので、知覚過敏かな?なんて甘い考えでいたのですが……恐ろしい事実が判明しました。
なんと、歯と歯の隙間にかなり大きな虫歯があったのです!
この虫歯、素人目にはもちろん、お医者さんでも削ってみないとどれくらいの深さかわからないという厄介もの。
痛みも出てきてるので、少し削っておわり、とはいかない模様です。
時間のとれる時に、麻酔をかけてしっかりと処置しましょう、と言われてしまい、軽くパニックの私。
子供の世話もあるため、予約するにしても、主人が休みの土曜日しか無理なのですが、3週間後しか空いていない、と。
そんなあ、先生。
なるべく早く見せに来てくださいって、さっき自分で仰ったじゃないですか(半泣き)!
それでも仕方ないからと指定の日を予約して帰路についたのですが、虫歯とわかってしまったからか、その夜から歯がますます痛みだし、こりゃもう3週間なんて無理、待てない!と別の病院を探しました。
運よく本院(診てもらったのは分院)が即日治療できます、こどもも世話してくれます、とのこととだったので、お願いしました。
結果、抜髄するか否かの大物とわかり、精神的にしんどい思いをしてます。
皆さんも歯の定期検診は忘れずに!
下手を打つと、こうなりますよ?。